<< U-kidsとMSB、存亡の危機? | main | レジェンド松山にお邪魔しました。 >>

スポンサーサイト

  • 2010.01.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シアトルからのお客さま

今日は2月にシアトルにお邪魔した際にコーディネートしてくださった「ザ・まなびば」代表、宮本ヒロシさんを松山にお招きしての宴席でした。

ヒロシさんは今回、トルネードの挑戦でも全面的にバックアップしてくださった、私達JBAの仲間にとっていくら感謝しても感謝し切れない方です。


そうそう。

そのシアトル“コーチ研修”時の記録はこちらからご覧ください。



場所は松山市郊外の「楽阿弥」というお店。


ヒロシさんは故郷・熊本に帰る途中、松山に寄ってくださいました。



JBA愛媛のスタッフが一堂に会しての席。
話はトルネードの“裏話”から将来、それに愛媛とアメリカの今後の繋がりなんかについて、広がる、広がる。



おいしいお酒と素晴らしい夢のある話。
明日からまた頑張る元気をいただきました。

スポンサーサイト

  • 2010.01.25 Monday
  • -
  • 19:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
       
profile
links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ファイブ
ファイブ (JUGEMレビュー »)
平山 譲
バスケットボールを扱ったノンフィクションとしては史上最高の作品間違い無し。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links