スポンサーサイト

  • 2010.01.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バスケの本場で武者修行

あけましておめでとうございます!
今年は県下でも雪のちらつく底冷えするような年越しでした。
新年1回目の U-kids は6日日曜日からスタートです。
まずは以下の記事を。(2007年12月28日付愛媛新聞から)



バスケットボールの本場で武者修行―。松山市立桑原中3年の橋本尚明君(15)=同市畑寺4丁目=が26日渡米し、オレゴン州での「バスケット共同キャンプ」に参加。元NBA選手らの指導の下、高度な技術の習得に汗を流している。
 小学2年からバスケットを始めた橋本君は、身長約180センチと恵まれた体格。中学2年で県選抜に選ばれ、今年の夏には桑原中のポイントゲッターとして市中学総合体育大会で優勝、県の同大会で3位の成績を収めた。顧問の山下隆一教諭(39)も「全国で通用する選手」と太鼓判を押す。
 キャンプは、日本の選手育成などを手掛ける松山市の「ファイブスターズエンタープライズ」(広瀬幹社長)が約2週間の日程で企画。全国の中学、高校、大学から有望選手6人が参加した。中国プロチームジュニア約15人とともに、NBAのコーチや元選手から指導を受け、現地のプロ選手とも練習する。
 橋本君は「将来はプロ選手になりたい。アメリカの選手に負けないよう、本場のプレーを盗んでより上を目指したい」と渡米の意気込みを語った。


JBAの取り組みで、“バスケの本場”アメリカは決して遠くない存在になっています。
松山からも上記記事のように中学生がアメリカでのキャンプにチャレンジしています。
夢は大きく、ハードルは高く。
そして、夢を夢で終わらせない環境やシステムをより高いレベルで整えられるようになっていきたいと思います。

シアトルでの様子は下記の2つのブログでそれぞれ詳しく紹介されています。
JBAブログ
JBA広島 GLIDERS

ニュース[その1]第一回JBAオールスター競技大会 in 広島

U-kidsは Japan Basketball Academy の愛媛地区での活動として取り組まれておりますが、その全国に広がるJBAの第1回オールスターが開催されることになりました。

第一回JBAオールスター競技大会 in 広島

いわゆる“部活動”でもなく、既存の“クラブチーム”というのとも違う。
そんな全国のバスケ馬鹿が“チーム”となってこんなイベントを開催してしまいます。


本物のバスケットを本場で学ぼう

さあ、今年もバスケットのシーズンになりました。
JBAでは、このシーズン中に、本場アメリカでバスケットを学ぶ盛りだくさんの企画を作りました。
「百聞は一見にしかず」

ご興味があるかた、JBAのホームページ

もしくは、直接http://topics.jbadreams.com/?eid=393732を覗いて見て下さい。

何か質問があれば、お気軽にご連絡ください

ではでは、今年もバスケットシーズンエンジョイしましょう。

第二回JBAコーチ研修会in広島

こちらのブログでも先日紹介させていただいた第二回JBAコーチ研修会in広島の模様がJBAのメインブログで紹介されています。

第二回JBAコーチ研修会in広島

「世界」は手が届かないような遥かかなたに存在するようなものではありません。
ちょっと目を凝らせば、そこに「世界基準」があったりします。

Japan Basketball Academy


JBA愛媛 U-kids コーチ研修

普段は体育館でお会いすることばかりのスタッフですが、今回はJBA愛媛 U-kidsのコーチ研修を開催!
松山市内某公民館でいつものスタッフ3名で行いました。
ミーティングの前半はJBA広島の練習風景や、中川選手のクリニックのDVDを観ながら、ああでもない、こーでもないと…
途中からは膝を詰めてそれぞれの思いやビジョンをぶつける会になりました。

23日(日)に広島で行われるJBAのコーチ研修でまた色々相談をさせていただいて、できることからU-kidsの現場に反映できたらと思います。
ジャパン・バスケットボール・アカデミー

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
       
profile
links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ファイブ
ファイブ (JUGEMレビュー »)
平山 譲
バスケットボールを扱ったノンフィクションとしては史上最高の作品間違い無し。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links